名古屋・東京のハイグレードデザイン分譲住宅・注文住宅 クレストホームズここから生み出され、紡がれゆく時間。

お電話でのお問い合わせはこちら TOKYO 03-5777-5501 NAGOYA 052-931-2557

技術とノウハウを集大成した品質の高さからシンプルでスタイリッシュなデザインをインテリア空間にも展開し、より快適で暮らしやすい住まいのお手伝いをさせていただきます。 広々と伸びやかなガーデンプランをリビングやキッチンで実現したい。緑を感じさせる子供部屋にしたい・・・。 さまざまな想いを、家づくりに展開していきます。

これから土地を購入して、家を建てる場合の物件ご契約からお引渡しまでの流れです。

鉄骨のラーメン構造を木材で実現した、木骨ラーメン構造です。今までの在来工法や2バイ4工法では困難な大空間や大開口、吹き抜けなど自由な設計が可能です。
コンピュータ制御による高精度プレカットで作られた集成材を使用し、接合部に独自のSE金物を使用しており、木造でありながら、鉄骨造の強さを併せ持った家の造り方なのです。

北米で発展、約200年の歴史を持ち、現在ではアメリカ、カナダの住宅のおおむね90%程度がこの工法で建築されています。日本でも明治時代に横浜や神戸に建築され現存するものもあり、よく知られている建物では札幌の時計台(旧札幌農学校)があります。

2×6工法とは、2インチ×6インチ断面の角材を使ったパネルで躯体を構成する工法のことです。2×4と同じ枠組壁工法の一種です。 パネル化された壁や床などの「面」で家を構成する工法は2×4と同じですが、一般的には2×4より太い角材を使用するため、2×6のほうが強度が高くなり、壁も厚くなるので断熱性にも優れているといわれています。

在来工法は、高温多湿の日本の風土に最も適し、長く引き継がれ発展してきました。
日本の一戸建て住宅において50%以上のシェアを誇っており、最もポピュラーな工法です。
レイアウトの自由度が高く、狭い敷地や変形敷地、傾斜地や道路条件などに制約がある敷地といったさまざまな条件にも対応できます。

PAGE TOP